相続した不動産を売却

家族が亡くなったあとに遺産相続について協議を進めなければなりませんが、遺言書が残されている場合は裁判所の検認を行ってから記載されている通りに、遺言書がない場合は相続人が集まって遺産分割協議を開いて決めます。
遺産相続は誰もが経験する可能性が高いにも関わらず意外と知られていないことも多くて、しばしばトラブルになるケースも少なくありません。
“相続した不動産を売却” の続きを読む

財産目録と不動産

遺産相続をするにあたって、どんな財産が残されているのか、そして誰が相続人になる権利を持っているのか調べることからスタートします。
まずは遺言書の有無を確認して、遺言書が見つかった場合はそこに記載されている内容に沿って進めていけばいいのですが、遺言書が残されていないこともけっこうありますので、その場合は遺産分割協議に発展するのが一般的です。
“財産目録と不動産” の続きを読む

相続で寄与分があるときの対応


相続ではときに寄与分の主張がされることもあります。
寄与分とは、被相続人が財産を作るときや、その他日常生活などで特別な貢献をした方に認められる権利です。
その寄与分相当の財産は、相続財産から先に除外され、その状態で遺産分割を行います。
そして最後に、寄与分を受け取る権利のある相続人へと、最初に除外した財産が分けられます。
“相続で寄与分があるときの対応” の続きを読む

不動産の相続

不動産は遺産相続の対象になりやすい財産のひとつですが、トラブルになりやすいことでも知られており、あらかじめきちんとした知識を身に付けておくことが大切です。
相続トラブルは最終的に身内間の関係を大きく崩してしまうきっかけになりますし、そのほとんどは相続に関する知識不足から来ているとも言われますから知っておくだけで防げることは多いはずです。

それでは不動産の相続をするときに知っておきたいことにはどんなことがあるのでしょうか?
まずは不動産と言ってもいろいろな種類があって、相続の対象となる不動産とはどんなものがあるのか知っておかなければなりません。
“不動産の相続” の続きを読む

相続の放棄

遺産相続は被相続人が財産を残していれば必ずしなければならないものなのでしょうか?
これはよく相続人になる人から出てくる質問ですが答えはNOで、相続人になる権利を持っていてもそれを放棄することは可能です。

それでは相続を放棄するケースとはどういうときなのか、また相続を放棄することで生まれるメリットはどこにあるのかお話していきたいと思います。
はじめに相続を放棄するケースとしてもっとも多いのはマイナスの財産が多く残されていることが明確な場合で、そうなると相続したところで借金を抱えるだけですから相続するメリットがないのです。

“相続の放棄” の続きを読む

相続の延滞税

遺産相続をする場合、相続税がかかるかもしれないという点を想定しておかなければなりませんが、それにあたってまず覚えておくのは相続税申告までの流れです。
相続税申告までの流れを把握しておけばスムーズに手続きまで進めますし、いつまでに何をすればいいのか把握できている分精神的にも余裕が生まれます。

まず遺産相続がスタートするのは被相続人が亡くなったその日で、そこから7日以内に死亡届を市町村役場へ出さなければなりません。
おそらくその期間のところで通夜や葬式を済ませてしまうと思いますが、その後3ヵ月以内には相続人の選定を行い、相続人になるかどうかを決断しなければなりません。

“相続の延滞税” の続きを読む

財産目録を作成する前に

財産目録とは財産を一覧にしたもので、遺産分割協議をするときに役立つだけでなく、医療法人のように医療法第52条の規定によって事業報告書等及び監事の監査報告書を決算届として届け出る必要がある場合には用意しておかなければなりません。
遺産相続の場合と医療法人の場合では使用目的が異なりますが、内容自体は財産の一覧ということで変わりありませんので、すべての財産をチェックしなければならない可能性があるなら作成しておくといいでしょう。
“財産目録を作成する前に” の続きを読む

財産目録を作成しよう

遺産相続時に相続できる財産は非常にバリエーション豊かで、すべてを把握するのが難しい場合もあります。
遺産相続を経験するのは一生のうちで多くても2回から3回くらいでしょうし、普段から遺産相続について情報収集していたり税理士や弁護士などの専門家でもない限りどれが遺産相続の対象になる財産なのか分からないことも少なくありません。
“財産目録を作成しよう” の続きを読む

財産目録を作成する

遺産相続をする際に財産がどこにあってどれくらいの価値があるのかあらかじめ調べておかなければなりません。
相続できる財産は被相続人とどういう関係にあるかによって変わってきますし、場合によっては相続税が発生する可能性もありますから、できるだけ詳細を正確にしておく必要があるのです。
遺産相続は被相続人が亡くなった時点で開始されますので、相続人となる人は通夜や葬儀が終わった後できるだけ早く遺産分割協議を行い、誰にどの財産を分配するのか決めなければなりません。

“財産目録を作成する” の続きを読む

財産目録と貸借対照表

相続時にあるといいのが財産目録です。
これがあることで財産が一覧でわかるため、遺産分割もやりやすくなりますし、遺族同士のトラブルも起こりにくくなります。
しかしただあればいいというものではありません。
できれば貸借対照表を参考にして、わかりやすいものを作れた方がいいでしょう。

“財産目録と貸借対照表” の続きを読む