財産目録と貸借対照表

相続時にあるといいのが財産目録です。
これがあることで財産が一覧でわかるため、遺産分割もやりやすくなりますし、遺族同士のトラブルも起こりにくくなります。
しかしただあればいいというものではありません。
できれば貸借対照表を参考にして、わかりやすいものを作れた方がいいでしょう。

“財産目録と貸借対照表” の続きを読む

社会福祉法人へ寄付する場合の財産目録

遺産相続のために財産目録をこれから作成するとき、すでに使い道が決まっている財産がある場合、どうしたらいいのでしょうか?
よくあるのが、社会福祉法人へ寄付する財産がある場合です。
それを目録に載せたところで、その財産の行先はすでに決まっているのですから、相続財産とは分けて考えた方がいいようにも思えるでしょう。
そうした方がわかりやすいように思えるかもしれませんが、それも財産目録には同じように載せておくことをおすすめします。

“社会福祉法人へ寄付する場合の財産目録” の続きを読む