相続の延滞税

遺産相続をする場合、相続税がかかるかもしれないという点を想定しておかなければなりませんが、それにあたってまず覚えておくのは相続税申告までの流れです。
相続税申告までの流れを把握しておけばスムーズに手続きまで進めますし、いつまでに何をすればいいのか把握できている分精神的にも余裕が生まれます。

まず遺産相続がスタートするのは被相続人が亡くなったその日で、そこから7日以内に死亡届を市町村役場へ出さなければなりません。
おそらくその期間のところで通夜や葬式を済ませてしまうと思いますが、その後3ヵ月以内には相続人の選定を行い、相続人になるかどうかを決断しなければなりません。

遺言書が残されている場合はそれをまず弁護士に開封してもらって中身を裁判所に検認してもらい、問題がなければそのまま記載内容に沿って進めていきます。
遺言書が残されていない場合は戸籍調査を行って相続人になる可能性のある人物を明らかにしてください。

相続人として認められるのは被相続人の配偶者と子供、さらに父母祖父母、兄弟姉妹で、このほかにも養子は子供と扱いを受けます。
そして相続放棄あるいは限定承認をする場合には3カ月以内のところで手続きをしてください。
その後、4カ月以内に被相続人の準確定申告を行い、遺産調査に入ります。

遺産調査ではあらゆる遺産を明らかにして、それぞれどれくらいの価値があるものなのを評価していき、確定させたら相続人が集まって遺産分割協議を開きます。
遺産分割協議は相続人全員が集まって行います。

遺産部活協議をした結果、誰がどの財産を相続するのかが決定しますのであとは相続人がそれぞれ手続きを行い、相続税がかかる場合は納税してください。
納税は遺産相続がスタートしてから10カ月以内となっており、これを過ぎてしまうと延滞税が発生します。

延滞税は納税額×延滞利率×滞納日数(滞納開始日から完納するまでの日数) ÷365日の計算式で出すことができ、納付期限から2ヶ月以内の場合は年利7.3%か前年の11月30日の公定歩合+1%のどちらか低い方、納付期限から2ヶ月を超える場合は年利14.6%か特例基準割合+7.3%のどちらか低いほうになります。

延滞税は相続税とは別で納めなければなりませんから、対象になってしまうと相続税額+延滞税額を納めることになり損をしてしまいます。
したがって延滞税がかからないようにすることが大切ですし、そのための準備をしっかりやっておきましょう。