相続の放棄

遺産相続は被相続人が財産を残していれば必ずしなければならないものなのでしょうか?
これはよく相続人になる人から出てくる質問ですが答えはNOで、相続人になる権利を持っていてもそれを放棄することは可能です。

それでは相続を放棄するケースとはどういうときなのか、また相続を放棄することで生まれるメリットはどこにあるのかお話していきたいと思います。
はじめに相続を放棄するケースとしてもっとも多いのはマイナスの財産が多く残されていることが明確な場合で、そうなると相続したところで借金を抱えるだけですから相続するメリットがないのです。

遺産相続と聞くと大きな財産が入って来るイメージばかりがありますが、対象となる財産にはプラスの財産とマイナスの財産があって、プラスの財産からマイナスの財産を引き、そこから基礎控除額や配偶者控除額を引いて相続税の計算をします。
したがってマイナスの財産のほうが多ければ相続税が発生する可能性はありませんが、代わりに借金を抱えてしまうことになるのです。

マイナスの財産には借金、買掛金、住宅ローン、小切手といった負債、未払いの所得税と住民税、その他未払いの税金、未払い分の家賃と地代、未払い分の医療費などがあげられ、これらが残されている場合は相続すると支払いの対象が相続人に移ります。
相続放棄は一切の遺産相続をせずにすべてを放棄してしまうことですから、放棄することによって借金を返済する義務もありませんし、もともとあった財産そのものにかかわらないことになります。

この点は大きなメリットだと言え、たとえ被相続人が生前に多くの負債を抱えていたとしても相続放棄すれば自身に負担がかかりません。
しかし財産すべてを放棄することになりますから、当然プラスの財産の相続権も放棄することになりますので、これとこれだけは相続したいというやり方はできませんので注意してください。

さらに相続放棄の期限ですが、これは被相続人が亡くなってから3カ月以内と決められているため、それまでの段階できちんと手続きを行ってください。
相続放棄を一度したら撤回することはできませんので、手続きをする前に本当にこれでいいのかよく考えてからやりましょう。

ただ借金がある状態で相続してしまえば自身の財産を差し押さえられたりする可能性もありますから、現実的に考えてマイナスが多過ぎる場合は相続放棄するのがおすすめです。
この点は弁護士や税理士などにも相談してみるといいでしょう。