財産目録と不動産

遺産相続をするにあたって、どんな財産が残されているのか、そして誰が相続人になる権利を持っているのか調べることからスタートします。
まずは遺言書の有無を確認して、遺言書が見つかった場合はそこに記載されている内容に沿って進めていけばいいのですが、遺言書が残されていないこともけっこうありますので、その場合は遺産分割協議に発展するのが一般的です。

遺産分割協議とは相続人になる権利を持った人たちが集まって開かれる協議で、ここでは誰がどの財産を相続するのか決めて遺産分割協議書にまとめます。
遺産分割協議は被相続人が亡くなってから3カ月以内のところで開始し、10カ月以内までには終わらせて遺産分割協議書を作成しておく必要があります。

相続人の権利を持つのは被相続人の配偶者、子供、父母祖父母、兄弟姉妹で、優先順位もこの順番になっています。
ただ、相続の対象となる財産は非常にたくさんの種類がありますから、該当するものが何か事前に明確にしておいたほうがいいでしょう。

特に不動産関連の財産は相続の際にややこしくなることも多いので、不動産が多くある場合は財産目録を作成して一覧できる状態にしておくことをおすすめします。
財産目録とは文字通り相続の対象になっている財産を一覧できるもので、遺産分割協議の際にこれがあればスムーズに相続人が決められるでしょう。

財産目録のテンプレートがインターネット上にもありますから、まずはそれをダウンロードして財産ごとの項目に記入してください。
記入方法もインターネット上で検索すればたくさんでてきますが、財産ごとの細かい決まり事などは専門家に問い合わせたほうが確実ですので、できれば専門家と一緒に進めていくことをおすすめします。

特に税金関連の問題はあとになるとトラブルに発展するかもしれませんし、早めにやっておいて損はありません。
たとえば不動産取得税などは相続の際にかかるの?という声をよく耳にしますが、不動産取得税は売買、贈与、交換、建築等によって土地や建物などの不動産の所有権を得る際に一度だけ課税するものですが、相続の場合は対象になりません。

ただ贈与になってしまうと対象になりますから、この点は注意したいところです。
不動産を相続したときに対象になるのは相続税ですが、これは必ずしもすべての相続人が対象になるわけではなく、相続した財産の総額から基礎控除額や配偶者控除額を引いて残った部分が対象になります。