財産目録の書き方

遺産相続は被相続人が亡くなった時点からスタートしており、通夜・葬儀が終わってからすぐにはじめなければなりません。
悲しみに暮れている暇もない状態で遺産について話し合わなければならないので、必ずしも全員が冷静な判断を下せるわけではありませんが、遺言書が残っていればそれを検認し、残されていなければ遺産分割協議において遺産分配を決めます。

“財産目録の書き方” の続きを読む

財産目録における貸借対照表価額

遺産相続をするときに財産目録を作成しておくと良いと言われますが、これはなぜなのでしょうか?
まず遺産相続をするときには必ず遺産分割協議が行われ、そこでどの財産を誰にどれだけ分配するのか話し合って決めます。
相続できるのは遺言書に記載されている人、あるいは法定相続人のみですが、その人数が多くなれば分配するのも難しくなっていきます。

“財産目録における貸借対照表価額” の続きを読む

財産目録のための調査

遺産分割協議をスムーズに進めるうえで財産目録はとても有効になりますが、作成にあたって調査を行わなければなりません。
これは相続する人が誰なのか、財産はどこにどれくらいあるのかを確認するためで、これが分からなければ遺産分割協議ができないからです。
調査には戸籍調査と遺産調査の2種類あって、これをもとに財産目録の作成と法定相続人を決めます。
それでは戸籍調査と遺産調査はそれぞれどのような目的で行い、どのような方法で進めればいいのでしょうか?
“財産目録のための調査” の続きを読む

財産目録と遺産分割協議

遺産相続をはじめるにあたって、まず遺産分割協議を行い、どの財産を誰にどのくらい相続させるのかを決めます。
一般的に遺産相続の割合は決められていて、たとえば被相続人に配偶者と子供2人いる場合は配偶者が2分の1、残りの2分の1を子供2人で分け合う形になります。
遺留分や特別受益、寄与分など特別なものが発生しない極めてシンプルな遺産相続であれば、遺産分割協議もスムーズに進められますが、実際はそんなケースのほうがめずらしいでしょう。
遺産相続はよくトラブルになりやすいと言われており、その割合は実に70パーセントにも上ると言われています。
“財産目録と遺産分割協議” の続きを読む

財産目録の作成費用

遺産相続は誰もが一度は経験することであり、できるだけスムーズに進めていくことが大切です。
なぜなら被相続人が亡くなって間もなく手続きをスタートさせなければいけませんし、まだ悲しみの癒えないうちにいろいろなことをするので、精神的な安定を早く取り戻す意味でも計画的に進めたほうがいいのです。
“財産目録の作成費用” の続きを読む

財産目録の作成義務

相続手続きを進めるときに財産目録を作成することが推奨されていますが、これは無用な相続トラブルを避けるためで、中でも「相続人全員が財産内容について把握できていない」ことがトラブルを引き起こす原因になっているそうです。
財産の全容については基本的に被相続人に近い人物しか知らないことのほうが多いですから、遺産分割協議の時点で相続人全員が財産について把握しているというのは稀なケースでしょう。
しかし財産目録を用意しておけば、遺産分割協議の段階で財産の全容を確認しながら協議を進められるメリットがあります。
“財産目録の作成義務” の続きを読む

財産目録の作成方法

遺産相続時に財産目録を作成しておくと遺産分割協議がスムーズに進むと言われていますが、どのように作成すればいいのか分からない人が多いと思います。
財産目録には被相続人が生前残した財産について詳しく記載してありますので、あらかじめ作成しておくと遺産相続協議のときに全員が遺産について把握できる分、平等な協議ができます。
また相続税の計算をスムーズに行うためにも財産目録があるとよいでしょう。
“財産目録の作成方法” の続きを読む

相続人のために財産目録を作成しよう

遺産相続はしばしばトラブルに発展することがありますが、その割合はだいたいどのくらいだと思いますか?
遺産相続を経験したことがない人の中にはそのようなトラブルが起こることがイメージできない人もいるかもしれません。
しかしその割合は実に70%以上だと言われていて、それだけ遺産相続は残された相続人にとって大きな問題なのです。
そこで今財産目録を作成することを勧める傾向が強くなっており、作成はそれほど難しくありませんからやっておいて損はないでしょう。
“相続人のために財産目録を作成しよう” の続きを読む