財産目録作成ナビ


 
面倒な相続の手続きを少しでもスムーズに進めたいのなら、財産目録は必須です。「うちは貧乏だから目録を作るほどの財産はない」という方もいらっしゃるかとおもいますが、大きな間違いです。大富豪であろうが一般庶民であろうが、財産目録がなければ大変なことになります。
そこで財産目録の作成方法や、財産目録を作成すべき理由について取り上げます。

まず肝に銘じておいてほしいのが、財産が1円しか残っていなかったとしても相続が発生すれば争いは起きるということです。「相続争いはお金持ちだけ」という話は、ドラマの中だけです。実際に家裁に持ち込まれるほど拗れた相続問題の内、過半数以上は一般庶民によるものです。逆にドラマのように大富豪による相続争いは、少なくなっています。
普段はものすごく温厚で優しい人であっても、お金が絡めば人は変わります。仲が良かった家族が相続により一家離散状態になった話は、珍しくありません。争いが一度起きてしまうと、相続の手続きは更に難しくなります。相続の争いを防ぐため・相続手続きをスムーズに進めるために必要になる書類こそが、財産目録です。

財産目録の作成方法は、特に決まった方法はありません。それこそチラシの裏に表を書き、財産を記しても問題はないでしょう。でも財産目録で記しておくべき事項ならば、幾つかあります。
1番に抑えておきたい財産目録の作成方法は、相続財産を”正確に”記すことです。例えば相続財産の中に不動産があった場合、「◯◯県△△市にある土地」ではなく地番までハッキリと書き記します。建物も所有しているのなら、家屋番号も記載しておきましょう。もちろん地積についても、正確に正しく記しておきます。

ただ財産目録を作成するには、被相続人の財産を全て洗い出し正確に把握しなければいけません。また相続人自らが財産目録を作成しても、他の相続人は納得できません。もし財産目録の作成を考えているのなら、第三者に頼むのが1番です。手っ取り早く進めるのなら、弁護士や税理士などの専門家に任せるのがベストでしょう。
プロに財産目録を任せると、正確な財産を把握することができます。財産を調べるには難しい手続きが必要になることもありますが、専門家に頼めば難しい手続きに悩まされる心配はありません。財産目録作成に時間を取られることはないので、変なストレスもかかりません。ただプロに頼む際は費用がかかるのは否めないものの、相続のトラブルが防げることを考えれば安いものです。

兄弟のみでの相続

片親がすでに亡くなったあと、もう片方の親が亡くなったときには子供だけが相続人となるケースも比較的多いです。
兄弟のみで遺産分割をするとき、お互いの気心も知れており、分割する対象の財産も全員で理解できていることも多いでしょうが、それでも財産目録を作っておくことには大きなメリットがあります。
“兄弟のみでの相続” の続きを読む

相続の基礎控除

相続ではよく基礎控除の話が登場します。
これとの関係により、相続税がかかるかどうかが決まりますので、非常に大事なポイントです。
そしてこれを調べるためにも、財産目録をきちんと作れた方が安心です。

まず相続で登場する基礎控除の話ですが、これは相続税の基礎控除になります。
金額は固定でいくらとは決まっておらず、ケースに応じて自分で計算を行います。
計算式は3000万円+(法定相続人の数×600万円)です。
もし法定相続人が2人なら3000万円+1200万円となり、基礎控除は合計4200万円となります。
これが5人なら3000万円+3000万円で合計6000万円と、ケースに応じて自分で計算を行ってください。
“相続の基礎控除” の続きを読む

相続する不動産の評価


財産目録を作る目的は遺産の一覧表を作ることで今対象になっている財産をわかりやすくすることのほか、遺産の総額を計算するためでもあります。
相続税を計算するためには、故人が残した資産や負債が総額でいくらあるのか、それを確かめないといけません。
このときに遺産の一覧表を作り、各遺産の評価額もあわせて記載していくと、遺産の総額がわかりやすくなり、相続税の計算もやりやすくなります。
このときに気になるのが、不動産の評価でしょう。
“相続する不動産の評価” の続きを読む

不動産売却の流れ

不動産は遺産相続をするときに対象になりやすい財産のひとつで、相続したのちに売却を考える人も少なくありません。
なぜなら持っていても維持していくのが難しい場合が多いですし、持っているだけで固定資産税が発生してしまいますので、使わないのに税金だけ納めるのはデメリットしかないからです。

それでは相続した不動産を売却するときにはどのような流れになるのでしょうか?
まず相続を完結させるところからスタートしますが、これは最初に相続人と財産を確定させなければいけませんので相続調査と戸籍調査を行ってください。
“不動産売却の流れ” の続きを読む

財産目録を作る

よく遺産相続は家族間・親族間でトラブルになりやすいと言われますが、これを避けるためにはどのようにすればいいのでしょうか?
遺産相続に関するトラブルの原因のひとつに対象となる財産がどこにあるのか、またどれくらいの評価がされているのか分からないという点があげられます。

もともと遺産相続は遺言書に記載されている人物あるいは法定相続人に該当する人が遺産部活協議によって決めるものですから、財産がどこにあってどれくらいの評価ができるものなのかが分かっていればとてもスムーズに終わります。
つまりまずは財産の一覧を出してみることが重要になりますので、あらかじめ財産目録を作っておくと便利です。

“財産目録を作る” の続きを読む

財産目録を作る目的

遺産相続は誰にでも可能性があることですが、いざその場面になってからでないと真剣に考えることがないというケースも多いです。
それ故にトラブルへ発展してしまうことも多々ありますし、家族間や親族間で仲が良かったのに遺産相続がきっかけで疎遠になったという話もたくさん聞きます。

それだけ遺産相続は大きな問題なのですが、その原因のひとつに遺産相続に対する知識不足があげられます。
本来遺産相続はルールがきちんと決められており、それに沿って進めていけばトラブルになるようなこともありませんし、スムーズに進められることなのです。

知らないがために起こってしまうトラブルは無用なトラブルですから、遺産相続を控えている人はまずちゃんとした知識を身に付けることからスタートしなければなりません。
たとえば遺産相続の対象となるのは被相続人の配偶者がもっとも優先順位が高く、次いで子供、父母祖父母、兄弟姉妹という順番になっていきますし、相続できる割合も組み合わせによって異なります。

“財産目録を作る目的” の続きを読む

財産目録は便利

遺産相続はスムーズに進められれば一番良いのですが、財産の種類が多かったり金額が大きくなったりすると家族・親族間でトラブルに発展するケースもよくあります。
その割合は全体で72パーセント程度だと言われており、どこの家庭でも何かしらトラブルが起こる可能性はあると言えます。
“財産目録は便利” の続きを読む

財産目録作成の流れ

遺産相続において財産を相続する場合、いろいろなものが対象になりますから財産目録を作っておくと分かりやすくなります。
どんなものが遺産相続の対象になるのかあらかじめ情報収集しておくと、遺産相続の手続きや相続税申告もスムーズになりますので是非やってみてください。
今回は財産目録作成にあたっての流れを説明していきますから、これから遺産相続を控えている人はもちろん将来その可能性がある人は参考にしてほしいと思います。
“財産目録作成の流れ” の続きを読む

財産目録について

遺産相続をする際に財産がどこにあってどれくらいの価値があるのかあらかじめ調べておかなければなりません。
相続できる財産は被相続人とどういう関係にあるかによって変わってきますし、場合によっては相続税が発生する可能性もありますから、できるだけ詳細を正確にしておく必要があるのです。
遺産相続は被相続人が亡くなった時点で開始されますので、相続人となる人は通夜や葬儀が終わった後できるだけ早く遺産分割協議を行い、誰にどの財産を分配するのか決めなければなりません。

“財産目録について” の続きを読む