財産目録と遺産分割協議

遺産相続をはじめるにあたって、まず遺産分割協議を行い、どの財産を誰にどのくらい相続させるのかを決めます。
一般的に遺産相続の割合は決められていて、たとえば被相続人に配偶者と子供2人いる場合は配偶者が2分の1、残りの2分の1を子供2人で分け合う形になります。
遺留分や特別受益、寄与分など特別なものが発生しない極めてシンプルな遺産相続であれば、遺産分割協議もスムーズに進められますが、実際はそんなケースのほうがめずらしいでしょう。
遺産相続はよくトラブルになりやすいと言われており、その割合は実に70パーセントにも上ると言われています。

遺産相続時のトラブルを防ぐためにまずポイントになるのは、財産がどれだけ残されているかをきちんと把握しておくことです。
しかし一部の身内のみが知っていても、全員が知らなければどこかに隠している財産があるのではないか?と疑いをかけられる恐れもありますし、実際にそこからトラブルに発展するケースはめずらしくありません。
そこで遺産分割協議を行うときには財産目録を作成し、法定相続人全員が財産の種類や場所、価値を把握できる状態にしてからはじめるべきです。

財産目録は被相続人が生前に残した財産の全容を記載したものなので、現金や不動産などプラスの財産はもちろん、借金や未払い金などマイナスの財産についても把握できます。
したがって遺産分割協議が進めやすくなるだけでなく、実はマイナスの財産があったという結果を防ぐことにも繋がるのです。
一度相続してしまった財産は放棄できませんので、万が一マイナスの財産を相続してしまうと、その後は相続人自身が支払っていかなければなりません。

さらに財産目録は相続税の申告時に必要になるものですから、早めに作成しておいて損はないでしょう。
財産目録を遺産分割協議のときに必ず作成しなければならない決まりはありませんが、作っておくといろいろな面で便利ですし、遺産相続の一部と考えてもいいかもしれません。