財産目録は相続税申告に必要

遺産相続時には早めに財産目録を作成することをおすすめされますが、これには大きく分けて2つの理由があります。
ひとつめは遺産分割協議をスムーズに行うため、もうひとつは相続税の申告のためです。

まず前者の遺産分割協議ですが、これは法定相続人全員が集まって残された遺産を分配するために行いますが、このときに全員がはじめから遺産について知っているわけではありません。
被相続人に近い人は遺産について詳しく知っていて、そうでない人はあまり知らないというのでは遺産分割協議をスタートした時点で不公平な状態ですから、そこでトラブルになる可能性もあります。
実際に遺産を隠していてトラブルになった事例も数多くありますので、そういった事態を防ぐためにも財産目録は役立つのです。
財産目録の作成は遺産調査を行って進めるのがおすすめで、専門家に依頼すれば短期間でやってくれます。

そしてもうひとつ相続税の申告ですが、相続税の申告を行うためにはどの財産をどれだけ相続するのか、また財産の価値が明確になっていなければできません。
これも財産目録の果たす役割のひとつで、財産目録には財産の種類や場所、作成時点での価値も記載されているので、そこから相続税の計算を行います。
相続税は基礎控除を引いた後に決められた割合で支払わなければなりませんから、正確な情報が必要になります。
もし間違っていた場合は相続自体が無効になってしまいますし、相続税の申告は被相続人が亡くなってから10カ月以内と決められているので、それまでにやっておきましょう。

このように財産目録は遺産相続時に大いに役立つものなので、作成義務はありませんが必ず作成してください。
作成方法はそれほど難しくありませんし、東京地方裁判所のテンプレートがインターネット上にもありますから、それをダウンロードして記入しましょう。
もし分からないことがあれば、専門家に相談しながら書いたり専門サイトを参考にしてください。