財産目録についての相談

遺産分割協議を行う前に財産目録を作成しておくとスムーズな協議ができますが、作成にあたって誰かに相談したいという人も多いのではないでしょうか?
そこで今回は財産目録を作成する際に相談できるところを紹介していきますので参考にしてください。

はじめに財産目録には被相続人が残した財産を種類別に記載し、場所や価値などの詳細が分かるようにしておく必要があります。
したがって明らかにしなければならないのが「相続対象になる財産とそうでない財産」で、まずはここをしっかり認識しておかなければなりません。

相続対象になる財産とは現金や預貯金などの金銭関係もあれば、土地や建物などの不動産、自動車や家具・貴金属などの動産、さらに電話加入権やゴルフ会員権などが含まれます。
これらはいずれもプラスの財産としてカウントされますが、それだけでなくマイナスの財産も相続の対象になることを忘れてはいけません。
マイナスの財産とは借金や未払い金、未払い保証金などのいわゆる負債で、相続すると決めた時点でこれらも引き継ぐことになりますから、マイナスの財産のほうが多い場合は損をします。
また、遺産相続の対象にならないものもあり、これは葬式時にかかる費用や香典、生命保険金などがあげられます。

このように財産目録を作成するにあたって財産の仕訳をしなければなりませんが、素人だけでは難しい面もあるでしょう。
そこでおすすめしたいのが法律事務所への相談で、最近では遺産相続に特化した弁護士や司法書士がたくさんいますし、インターネットで検索すればすぐに出てきます。
中にはインターネット上からメールや提示版を使って相談できるサイトもありますし、専門家以外でも経験者からアドバイスをもらえるサイトもあります。
さらに地域で行われている無料法律相談会などでも遺産相続に関する相談ができますので、まだ先になるかもしれないという人は一度そういった場所で財産目録の作成について相談してみるのもいいでしょう。