財産目録の書き方

遺産相続は被相続人が亡くなった時点からスタートしており、通夜・葬儀が終わってからすぐにはじめなければなりません。
悲しみに暮れている暇もない状態で遺産について話し合わなければならないので、必ずしも全員が冷静な判断を下せるわけではありませんが、遺言書が残っていればそれを検認し、残されていなければ遺産分割協議において遺産分配を決めます。

遺産自体がそれほど残っていなければそれほど大きなトラブルに発展することはありませんが、被相続人が家族に多くの遺産を残していると、それがきっかけで家族間の関係が大きく壊れてしまう可能性も少なくありません。
せっかく家族のためにと思って残した遺産がかえって仇となってしまうのは被相続人の本意ではないでしょう。

そこで役立つのが財産目録と呼ばれるもので、これはその名の通り財産の種類や評価を財産の種類ごとに記載していき、分かりやすくしておくものです。
財産は必ずしも分けやすいものばかりではない、と言うよりも分けにくいもののほうが圧倒的に多いです。
たとえば遺産の代表的ものと言えば土地や建物などの不動産があげられますが、これは正しい評価をしなければ平等に分けることはできませんので、まずは評価をしっかりしてもらうところからはじめます。

財産の種類ごとの評価ができたら、財産目録を作成していきますが、書き方はテンプレートがあるのでそれに沿って書くといいでしょう。
不動産の場合は所在地、地番、地目、面積、所有割合、共有者、評価額を記載しますし、動産の場合は所在場所、名称・詳細、金額を記載します。
現金や預貯金の場合は金融機関、支店、種類、口座名義人、残高、満期日、口座番号を、証券の場合は証券会社、銘柄名・社名、証券番号など、種類、数量(単位)、時価(金額)、購入日、満期日、支店、商品名などを記載します。
そして負債についても記載しておかなければならず、ここには借りている会社名、借入日、返済日、金利、元本、返済額、保証人などを書きます。

このように財産目録はプラスの財産もマイナスの財産もそれぞれかなり詳細に書かなければなりませんから、正確な情報を仕入れなければなりません。
したがって、自分たちだけではなかなか難しいことも多いので、財産目録作成にあたって専門家に依頼することをおすすめします。
第三者が介入することによって公平な立場で判断されますし、それが結果的にスムーズな遺産相続にもつながるのではないでしょうか?