財産目録を作る

よく遺産相続は家族間・親族間でトラブルになりやすいと言われますが、これを避けるためにはどのようにすればいいのでしょうか?
遺産相続に関するトラブルの原因のひとつに対象となる財産がどこにあるのか、またどれくらいの評価がされているのか分からないという点があげられます。

もともと遺産相続は遺言書に記載されている人物あるいは法定相続人に該当する人が遺産部活協議によって決めるものですから、財産がどこにあってどれくらいの評価ができるものなのかが分かっていればとてもスムーズに終わります。
つまりまずは財産の一覧を出してみることが重要になりますので、あらかじめ財産目録を作っておくと便利です。

財産目録とは文字通り財産の一覧のことで、遺産相続の対象となる財産がすべて記載されていますから、それをもとにして遺産分割協議を進めれば簡単に協議ができるはずです。
たとえばトラブルに発展する際に身内に対して「本当はどこかにもっと財産を隠しているのではないか?」という疑いからスタートすることがよくありますが、財産目録にはすべての財産を記載しなければなりませんので、そういった心配をする必要はありません。

また、財産の評価も記されていますし再度評価が必要なものはどれかも分かりますので、財産を自分だけ少なく分配されることもありません。
財産目録を作るためにはまずすべての財産を明らかにしなければなりませんから、遺産相続の対象となる財産を調べていきます。

遺産相続の対象となる財産は預貯金、貸付金、売掛金などの現金や農地・山林・借地権・借家権・抵当権・地上権などの不動産関連・自動車・バイク・電化製品・家具・骨董品・美術品・貴金属などの動産や株券・国債・社債・小切手・手形などの有価証券、電話加入権があります。

ほかにも被相続人が保険者で受取人になっている生命保険や著作権、特許権、商標権、意匠権、著作権、ゴルフ会員権なども相続の対象になりますから、それぞれ該当するものをピックアップしてください。
そしてすべての財産が明らかになったら財産目録に種類別に記載していきますが、財産目録のテンプレートがインターネット上で無料ダウンロードできますからひとつ持っておくといいでしょう。

テンプレートには財産について種類ごとに記載できるようになっているので一から作らなくても良いですし、プラスの財産に関することだけでなく借金などのマイナスの財産についても記載するところがあります。