相続の基礎控除

相続ではよく基礎控除の話が登場します。
これとの関係により、相続税がかかるかどうかが決まりますので、非常に大事なポイントです。
そしてこれを調べるためにも、財産目録をきちんと作れた方が安心です。

まず相続で登場する基礎控除の話ですが、これは相続税の基礎控除になります。
金額は固定でいくらとは決まっておらず、ケースに応じて自分で計算を行います。
計算式は3000万円+(法定相続人の数×600万円)です。
もし法定相続人が2人なら3000万円+1200万円となり、基礎控除は合計4200万円となります。
これが5人なら3000万円+3000万円で合計6000万円と、ケースに応じて自分で計算を行ってください。

この金額が何なのかというと、相続税がかからない金額となります。
自分のケースで計算した金額までは、遺産に税金がかからないのです。
相続税はこの基礎控除を超えた部分にだけ課税されます。
もし遺産が1億円あり、基礎控除が先の例のように4200万円なら、課税対象になる遺産は差し引きして5800万円になります。
このあと専用の計算式で相続税を計算していくのですが、この基礎控除の範囲内だった4200万円までは一切税金がかかりません。

もし遺産の総額が基礎控除を超えなかった場合、相続税は完全に0円です。
つまり自分の相続では税金がかからなかったということになります。
相続が起きるとこのような計算を必ず行います。
基礎控除の金額が数千万円という規模になることも多く、比較的高額の遺産がない限り、相続税はかからないことが多いのですが、このような計算自体は相続があった人は全員行います。
そのためこの基礎控除のことは重要なポイントになります。

ただ、これだけを知っていても相続税の計算はできません。
先にご紹介した通り、この計算は被相続人が残した遺産の総額がわからないと計算のしようがないのです。
そのためまずは遺産を調査し、遺産の総額を計算する必要があります。

そのために大事なのが財産目録となります。
これを作ると故人が残した遺産の整理整頓ができますから、合計でどれだけの遺産があるのか、それを把握しやすくなります。
また、一度目録を作れば以降はそれが目安となります。
手続きの途中で特定の遺産だけがもれていたといったトラブルを防げますから安心です。

このように財産目録を作って遺産を整理すると、遺産の総額をスムーズに把握でき、最終的には相続税の基礎控除からそれを引くという計算ができます。
もし税金の対応が必要ならその後もたくさんの手続きが必要ですから、早めに遺産の総額を把握し、基礎控除を引いて課税の有無を確かめられると安心です。