相続を放棄する

相続が起きたときは、故人が残した財産を目録にまとめ、それらを見ながら遺産分割協議など行っていくわけですが、必ず財産を相続する必要はありません。
相続は放棄もできます。
この放棄の判断をするときにも、財産目録は役立ちます。

相続放棄とは、これは遺産の相続を一切しないという選択のことです。
これも法的に認められている選択で、相続放棄をすると、故人の遺産は一切相続できません。
放棄した方が有利な状況では、これを選ぶのがおすすめとなります。

放棄を選ぶのが有利な状況とは、故人の遺産に負債が多かったときです。
遺産といえば現金や預金、不動産、貴金属類など、資産価値があるものをイメージすると思いますが、借金などの負債も遺産に含まれます。
故人が大きな借金を作っており、それを完済できずに亡くなった場合、その大きな借金は遺産として相続の対象になるのです。

このときこそ、放棄が有利な状況となります。
相続を放棄すると、故人の遺産は一切引き継げません。
それは現金や預金などの資産のほか、借金などの負債でも同じです。
故人に莫大な借金があるときに相続放棄すると、その負債を一切引き継がずに済みます。

もしそのまま相続した場合、その故人の借金は相続人へと引き継がれますから、今後は相続人がその借金を返済していくことになるのです。
このようなケースもあるため、相続は放棄もできます。
その遺産の内訳によっては、相続せずに放棄を選ぶのもおすすめです。

このような判断をするためにも、財産目録は役立ちます。
この目録には現金や預金といった資産のほか、負債も記載します。
つまり故人に莫大な借金がある場合は、それも目録に載るのです。

この目録を見て、資産よりも負債の方が多いと思えば、放棄を選ぶのが現実的です。
負債は一部あるものの、総額では資産の方が多いなら、相続した方がお得ですね。
このような判断ができるよう、財産目録はきちんと作っておくのがおすすめです。

なお、この目録は誰かにもらえるのではなく、自分で作るものになります。
ですから作り方の基本は必ず確認してください。
特に間違えないようにしたいのは、先にご紹介した通り、この目録には資産と負債の両方を漏れなく載せること。

資産だけを載せた目録を作ると、故人に莫大な借金があることに気づかず、そのまま相続する恐れがあります。
そうならないよう、故人に借金があることが判明したら、それも必ず目録に載せてください。

借金などの負債が複数ある場合は、もちろん全部載せます。
そのような財産目録を作成した上で、相続か放棄か判断するといいでしょう。