遺産の相続に必要な手続き一覧


 

・死亡届の提出
遺産相続をする際に必要となってくる手続きの1つが、死亡届の提出です。
そもそも被相続人本人が亡くなって初めて、相続というのは発生します。
そのため、本人が亡くなった際には、残された家族が死亡届を提出しなくてはなりません。
亡くなった後は何もしなくて良いと思っている方もいますが、まずはこの死亡届を提出しなくてはならないことを理解しておかないと相続は始まりません。
ただ、多くの場合は病院などに連絡して、そこで死亡が確認されるということもあります。
その他、警察などに連絡して死亡が確認されることもあるでしょう。
状況によって違ってくるので、その点はしっかり考えて対処していくと良いでしょう。
もちろん、死亡届に関しては難しいことはないので、提出するということだけでも知っておくと良いのではないでしょうか。
 
・遺産分割協議書の提出
被相続人が亡くなった場合、その本人に関係する法定相続人を庁舎しなくてはなりません。
この調査によって法定相続人が決まると、いよいよ相続でもメインとなってくる遺産分割協議を行うことが必要となってきます。
この遺産分割協議というのは、文字通り相続予定の遺産を、残された家族がどのように分割していくのかという点を考える話し合いとなります。
ここでトラブルになる家族も多いので、話し合いは慎重に進めていくことが必要です。
特に遺産分割協議に関しては、時間もかかりますし、状況によっては話がまったく進まないということもあります。
そもそも法定相続人が一挙に集まって話し合うという機会自体、この忙しい現代社会ではなかなか難しいことなのかもしれません。
ただ、そこはしっかりと話し合った上で決めていきたいところです。
そして誰がどれくらいの遺産を受け取るのかが決定すれば、遺産分割協議書を作成して国に提出することが必要となります。
 
・相続税の申告と納付
遺産相続の中でも必要となってくる手続きが、税金の申告と納付です。
期日までに税金を申告して納付しなければならず、相続にかかってくる相続税の場合は10か月以内と期間も決められています。
そこをしっかり守らないと脱税になってしまうので、しっかりと申告して納付しましょう。
ただ、基礎控除として3,000万円と、法定相続人1人当たり600万円までの控除が認められているので、もしかすると納税の対象ではないかもしれません。
そこも合わせて専門家に相談していくと安心かもしれませんね。